昨晩、話題のドラマ、半沢直樹が最終回でございました。

自分も視聴させて頂きましたが、単純に面白かったですよね。

水戸黄門みたいな勧善懲悪だし、最後の最後には主人公が勝つのは分かっていても見ていて面白いのは、そこへ持って行くまでの演出が面白いからかしら。

第1シリーズは半分くらいしか観ていなかったのだが、それと比較すると少しライトな感じになったかもね。

脚本の違いか、はたまたキャストのアドリブを編集時に多く採用しているからか、門外漢の自分には不明だが。

そんな門外漢の自分でも分かることがある。

テレビ離れ、ドラマ離れと叫ばれる昨今、時間と手間をかけ、実力のあるキャストを選んで作れば、視聴者は観てくれるという証明ですね。

安直に視聴率を狙ってなのか、はたまた何かの忖度なのか、演技の出来ないアイドルや大手事務所のバータでキャスティングして、テレビ離れを嘆いても、それは自業自得ってヤツじゃないでしょうかね。

そもさん分からないのは、若年層のテレビ離れを憂いておきながら、若年層へ絞ったキャスティングをするのは何故なのか。

半沢でも若年層に人気のあるであろう俳優さんが数名キャスティングされていたが、ネット上だけを見ても、話題になっていたのは壮年の俳優さんばかりだったような気がする。

そこらへん、キャスティングの人事権を握る方たちは考えたほうがいいのかもね。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。