今回は、いい年してアイドルの話でございます。

80年代の頃はそこそこアイドルにも詳しかったりするわけですが、さすがにこの年になると興味も薄くなります。

と思っていたら、年齢だけが要因ではなさそうですね。

自分が感じたのは声質です。

自分が聴いていたころのアイドルの音楽って、声質が重要なファクターのひとつだったんですね。

特徴的で、聴いていてオッ!と耳を引く声質が少なくなっている気がします。

というか、そもそも昨今の大量人数ガールズユニットでは、ほぼユニゾン歌唱で、誰が何処を歌っているのかどころの話ではない。

こうなったのはいつからでしょう?

おニャン子にしたって、ファンはあの新田ちゃんのソロパートでの周波数が明らかに他の子とは違う声質に魅せられたはずだし、後発のCoCoなどでも三浦理恵子のキャットボイスのパートは、彼女らの曲のフックになっていた。

というと、それ以降か。

翻って自分、狂信的なアイドル信者というわけではなく、作詞作曲編曲や、プロデュース等の裏方スタッフも含めた、当時の1枚のシングル盤、CDとして、好きなものもあるし、興味の無いものある、とそういう感じでした。

なので、誰かのファンというよりも、1枚のシングル盤においての好き嫌いがメインでしたね。

松田聖子さんや松本伊代さんは好きでしたが、彼女達は自分が好む音と声を提供してくれている間だけの恋人だった気がする。

聖子さんなら、チェリーブラッサムからハートのイヤリングまで。

それ以前それ以降には興味が無い。

勿論、本人の男出入りに関しても興味は無い。

昨今のアイドルシーンはそもそも歌は生では歌わない(と思う)し、ダンスとファンとのコミュニケーションがメインなので、今現在の状況下での活動って制限が多いでしょうね。

逆に昔のように、CD、レコード盤1枚でも勝負できたのであれば、多少は話も違っていたかもしれない。

かくいう自分、ラジオのエアプレイで一度聴いただけで、ルックスはジャケット写真1枚という少ない情報量で、シングル盤を何枚も購入していますし。

ということは、自分は他のロック系の音楽と同じ聴き方をしているんですかね。

ロック系のアルバム購入も、エアプレイで耳にした音源の情報とジャケットの情報だけですし。

あ、ロック系でもジャケ買いなんていう言葉がございました。

おっと話にまとまりが無くなって来た。

ということで唐突にバラサバラサ。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。