さて、忘れた頃にやって来る音楽の話でございます。

以前、極私的なベスト盤を書くみたいなことをやっていた記憶がかすかにあるのだが、今日はそれを。

ミュージシャンは泣く子も黙るビートルズ。

まあ、未だに世界中にマニアが多く、変な事を書くとどんな嫌がらせを喰らうか分かったもんじゃないんですが、このバンドのベストというと、サージェントペパーズかアビーロードを挙げておけば、まず怒られることは無いかと。

しかし、そこはそれ、ヒネクレモノの自分。

自分が推すのはラバーソウルでございます。

もう、このアルバムはよく聴いた。

時期的に言うと、ちょうど彼らがライブ活動からスタジオバンドへと移行する過渡期でございまして、かろうじてステージで演奏できそうな曲が揃っています。

まあ、それでも半分はステージで再現不可かな?

ミッシェルやガールといったよく知られた曲も入っているアルバムなのですが、自分が好きなのは、嘘つき女とインマイライフですね。

どちらもジョンの曲なんですが。

あ、オープニングのドライブマイカーもビートルズっぽくなく、所謂ロックしてていいですよね。

それと、ジャケットも好きなんですね。

なんだか妙に歪んだような効果が掛けられているんですが、そこが気に入っています。

こういうセンスって好きなんですよね。

妥当に行けばサージェントペパーズかアビーロード、百歩譲って、マニアがリボルバーと書くところ、さらにひねくれてみました。

大概、最高にひねくれてもホワイトアルバムだとも思うんですが。

アッチョンブリケ!

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。