週の真ん中水曜日、まんなかもっこり!って知っている人は手を挙げて!

水曜日は好きです。

なぜなら、自分が今現在のテレビ放送の中で一番面白いと思っている有吉の壁の放送日だからでございます。

以前、この時間帯へ移るということで、企画のパワーダウンや弱体化を危惧する旨を書いたような気がするが、このコロナ渦の中、どうしてどうして、今のところ、そこを逆手にとったような面白い企画を見せてくれています。

時節柄、時間の半分は過去のダイジェスト版を使用しているのですが、ただ放送するではなく副音声で出演者へのチャチャを加えているところがまた芸が細かい。

なんで、この番組ってこんなに楽しいんだろう?

ひな壇に並んで、身内のプライベートなやりあいで内輪ウケばかりの番組が多い中、純然たるお笑い番組が減ってきているということを差し引いたとしても解せないところ。

出演者も、半分は他のメジャーなお笑い系番組にはあまり呼ばれないであろう顔ぶれだし、また、その人たちが面白いんだな、これが。

これって、大阪吉本的なイジリという名のイジメ的な短絡的笑いの取りかたから、演者のセンスから編み出した笑いのほうに嗜好がシフトしているってことなのかしら?

そんなエラソーなもんじゃない?

アッチョンブリケ!

個人的にはパーパーとシソンヌが面白いな。

パーパーの女の子、相方の男の子と並んでいるときだけ、かわいく見えるんだよね。

番組キャストで言えば、2回目放送からアシスタントがこじるりちゃんから佐藤栞里ちゃんに代わったのがエポックだったな。

このチェンジでぐんと明るくなった気がする。

彼女って、演者のちん○んが見えても、ブスいじりのセクハラをされても、それをサラリと流せる大人の女性ながら、ルックスは幼く見えるギャップが可愛いんですよね。

これが、こじるりちゃんだったらギャーギャー喚くでしょ、きっと。

彼女がこの番組のアンカーなんだな、きっと。

ぞびぞんび~。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。