昨日か一昨日か、ハタチそこそこの女性プロレスラーが死去したニュースが、やたらに流れた。

公式では明らかにされていないのだが、自死らしいね。

まったくそんなことは何処にも書いていないのにコメント欄などではそのような経緯を知ってか、自死確定で書かれていますね。

そんなに精神衛生にダメージが来るくらいの嫌がらせを受けるような立ち居地だったのかしら。

自分はこのニュースで初めて彼女の顔と名前を認識したもので。

彼女って、以前、ドキュメンタリー的な事を標榜しておきながら、裏でスタッフのお偉いさんが指示に近いことを出して差配していたことが問題になったテレビ番組に出演していたそうですね。

嫌がらせ、誹謗中傷などはそこらへんから来ているのかしら。

プロレスラーという字面だけで、昔のダンプちゃん的な悪役イメージを想像していたのだが、当該彼女の写真画像を見ると、美形な子で、とてもダンプちゃん的な極悪具合は見て取れないので、やはりどう考えても番組効果だよね。

自分はその手の番組はケツの穴がこそばゆくなるような感覚を催すので絶対に視聴しないのですが、若年層を主体に人気はあるそうなんですよね。

前段でも書いた問題が告発後も、番組が続いていたところを鑑みると、需要が見込まれるって事でしょう。

番組制作上仕込まれた悪役を現実世界で攻撃するって、相当にオツムの出来が悪いな。

この手の話は昔から、いじめっこ役の女優さんにカミソリ入りファンレターが送られたとか、悪役俳優さんが道で子供に石を投げられたとか、よく聞きますよね。

逆に、食うにも困るような貧困に喘ぐ主人公役の子役さんの元へお米が送られてきたなんていう話もありましたし。

みんな、少し落ち着いて考えろ。

今回の件に関しては、そういう勧善懲悪的な独りよがりの個人的善意から行われていた行為だったのか、はたまた、この対象は叩いて良いんだと言う、さらに悪意ある卑劣な自分のストレス解消の為の行為が主だったのかは不明だが、もし後者だったら酷すぎるな。

自分は何回も書いていますが、インターネット上での匿名での意見記載には否定的で、全て記名したうえ文責を取るという主義でございます。

あくまで自分の主義であって、全ての人にそれを求めるわけでもありませんが、こういう事があると、インターネット上の匿名性ってどうなのかって考えてしまう。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。