緊急事態宣言下で何一つ変わる事の無い生活を続ける自分。

いかに他者と接触を持たない生活環境だったのか、身に染みて感じた。

元より、職場で朝の挨拶以外は、ほぼ喋りこむ事も無く商品の撮影やサイト管理、受注管理だし、通勤は車だし、休日も部屋でギターを弾いたりCDを聴いたり、テレビを観たりしていれば終わってしまう。

おっと、最後に記したものが、ここ最近問題になってきた。

テレビです。

思えば、テレビ放送の製作現場なんて三密の権化みたいなもんです。

そこを自粛自粛で気が立っている視聴者に突っ込まれない為か、これ見よがしにリモートやソーシャルディスタンス(流行り言葉を羅列してみました)を徹底した番組作りで、面白くないことこのうえない。

以前から、昨今のテレビ番組は面白くないと、音を消して映像だけを流しているみたいな事を書いた記憶があるのですが、最近はその画面からして見ていて辟易するので、スイッチすら付けなくなってしまいました。

あ、昨晩はスイッチを付けましたね。

どうぶつの森をプレイするためにですが。

近々では、過去作のコミックを読み返す事もはじめました。

以前から、西遊妖猿伝の大唐編、西域編と何度も読み返していたのですが、一昨日からはAKIRAに突入しております。

あれってちょうど2020年の話だしね。

東京五輪中止なんて、のせたら騙す、いやもとい、ノストラダムスなみの予言だ。

アッッチョンブリケ!

大友先生の、あの目が小さく鼻ぺちゃな日本人女性をそのまま日本人っぽく描く手法って、ギャグ漫画はともかく、西洋人顔が主流だったシリアスなテイストの漫画では、パイオニアだったのかしら。

その割に背景は異常なほどの緻密さだしねえ。

金田に孕まされた学校の医務室の姉ちゃんのブサイクさったら、他の漫画じゃありえ無いよね。

あれって実写版で作るなら、ゆりあんを20キロくらい減量させたらピッタリだよね(失礼!

おっと話が散らかってきたので、今日はこの辺で。

バーイ、サンキュ!

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。