遅ればせながら今月から、Switch版のどうぶつの森を始めた。

DSでもプレイしていたソフトなので、発売すぐに飛びついて買ってもいいようなものだが、どう森デザインのSwitchが欲しかったんですよね。

とりあえずソフトを購入しておいて後から移行すればという考えもありますが、ソフト同梱なので、そのぶん無駄になってしまいますからね。

それで色々な通販サイトで予約抽選をし外れまくり、一ヶ月の出遅れとなったしだいで。

ツイッターで入荷情報を即時お知らせしてくれるアカウントをフォローしておいて、それでも1週間くらいは買えなかったな。

分単位ではなく秒単位で売り切れる。

買えたのは結局アマゾンでした。

最近ではネット記事やテレビなどでも、外出自粛の引きこもり生活対策に、このゲームの名前が出ることも多く、プレイヤー比率は相当なものなのかな。

そういえばユングの箱庭療法なんていうのもあるくらいだから、このゲームで精神衛生を保っている人も多いのか。

自分は上段でも書きましたが、相当の立ち遅れ状態のため、やっと役場?が出来て、久しぶりにしずえさんと会ったところです。

洋品店も出来ていないので、まだまだこれからかしら。

そういえば、以前のDS版では離島のツアーの島が固定だったので、夜、高額買取可能な大型甲虫やサメなどを乱獲し、あっという間に家を最大まで拡張工事出来たのだが、今回は離島がランダムらしく、今までごくごく普通の島にしか当たらず全然稼げない。

2回くらい竹島にあたったくらいかな。

前記した大型甲虫やサメの出る島もあるはずなんだけどな、たぶん、きっと。

で、記事タイトルにもある、このゲームの略称なのだが、どうも、あつもりが優勢なようだが、個人的にはあつもりと言うと何かの料理の類に思えてしまい、以前と同じく、どう森と呼びたい。

と個人的には思っております。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。