全く終息の気配すら見せない新型肺炎騒動だが、こと我が国に関して言えば、発覚当初からまともな措置を取っていればもう少しはマシになっていたのではないかとの声も多数聞かれる。

まあ、我が国のトップはアレがアレだからねえ。

そもさん、希望者の検査すらまともに取り合ってくれないのだから、罹患者の暗数としては公表されている10倍は軽くあるだろうという想像に易い。

しかし、ふと我が身に翻ってみると、子供のとき以来インフルエンザにすらかかった記憶も無く、感染症と呼ばれる類では一般的感冒ですら、ここ数十年罹患した記憶に無い。

思うに自分、極端な人見知りなため、男女を問わず、喋る際に人の目なんて滅多に見ない、いや、そもさん姿勢すら向き合わない。

これは仕事でもプライベートでも同じ、いやさ家族でも。

空気感染なら、それでも移るだろうが、飛沫感染なら移らない確固たる自信がございます、はい。

ということで、自分自身はあまり心配はしていない。

それよりも、マスクすら所持していない自分は、自分としては何も問題が無いのだが、周りの目が気になり、公共交通機関の利用がしづらく、普段から出不精なことこのうえないのに、さらにそれが酷い事になりそう。

先日、撮影でどうしても都内に出なければいけない際には、駐車場代がバカみたいに高額なのを知りつつも車で向かったくらいで。

撮影3時間、往復運転3時間はきつかった。

帰りの車中は、疲れ目で瞼が閉じそうだった。

しおしおのぱぁ~。

ということで、自分個人としてどうでもいいが、早く終息し平静に戻って欲しいものです。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。