昨日、やたらと総理と石破さんがテレビに出ているなと思っていたら、総裁選が近いのね。
あれって、基本的に国民は関係が無い、というか関与ができない自民党内の選挙なのだが、あれだけ顔を出して国民へアピールする意味はあるのかしら?

あの議論をテレビで観て何かを感じたとしても、どちらへも応援の仕様も無い。
アッチョンブリケ!

長期政権が続くアベさんであるが、前にも書いたが自分はどうもあの人が苦手でねえ。

別に嫌いってわけでは無いが、国会中継やテレビなどの討論番組などを拝見していると、やたら話が長く、しかも話の要領を得ないことが多い。
さらに、えー……、とか、話の間にやたら入れるので聞きづらい。
さらにおまけに、舌足らずなのか舌が長いのか、発する言葉も不明瞭なんですよね。

ゆっくりと落ち着いて端的に話して頂けると有難いのだが、速射砲のように聴き取りづらい発声で、同じような内容を話し続けるので、内容が頭へ入ってこない。

そんな人が、どうしてこんなに長く総理をやってこれたのだろうか不思議でしょうがない。

対する石破さんであるが、もう顔が怖い。
自分でもそれを意識しているのか、笑顔を見せるように気をつけているのだろうが、その笑顔も不気味だ。
かといって真顔はもっと怖い。

聞いていられない現総理と見ていられない対抗の石破さん、さて、どちらが自民総裁、日本の総理大臣になるんですかねえ。

まあ、どちらでも似たようなもので……(スネークマンショーの、これください風に

カテゴリー : Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です