はい、ご存知W杯の話題でございます。

下馬評をひっくり返しての、まさかの勝利ににわかサポーターも大騒ぎですね。
自分も、ほぼW杯の時くらいしかサッカーを観ない、にわかもにわかなんですが。

昨日の試合はなんと言っても、開始後数分でのハンドでのレッドカードですよね。
あれが全てでしょう。

ハメス・ロドリゲスが先発を外れて万全ではないところに、開始早々から一人足らない陣容で戦わなければならないという事で、残されたメンバーの疲労度も高かったんじゃないかしら。

劣勢の中、途中出場したハメス・ロドリゲスも全く機能しなくて、逆にお荷物状態でしたからね。
まあ、監督としては、彼を出さないで負けた場合の、自国メディアからのバッシングを考えたら、出して負けたなら諦めもつくだろうという考えもあったか無かったか。

しかしこれで、まさかの勝ち点3。
全敗するのではないか?と思われていたのが手のひら返しの国内メディアですが、今後はトーナメント進出できるかもというプレッシャーの中、どう戦いますかね。

常に言われるゴール前の決定力の無さも相変わらずで、あと2点か3点は取れましたよね、昨日のコロンビアなら。

運動量もスピードもイマイチの本田を先発で使わないというのは良い手だと思いますが、GKの川島も動きが悪いような気もします。
そこらへん、今後どう起用しますかね。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です