昨日は自分がグラビア撮影仕事で撮らせてもらった女子の中で、特に気に入っていた子達の事を書いた。
あくまで自分がなので、一般の知名度からずれていたと思うので、今日は現在も認知度が高い子の印象を書く。
片足の指先くらい業界に足を突っ込んでいた自分は当然、画像を掲載する事のリスクを知っているので、画像無しで行く。
ま、非営利サイトだし、自分に著作権があるので問題は無いんですがね。
自分としては道義的ににね。

一時のパワーは落ちたが、未だ活躍中のももクロの緑こと有安だが、自分が撮影時にはまだ10歳に満たない頃か。
前歯が無かったのを記憶している。
今日の撮影は前歯が必要ですか?って聞かれた。
当たり前じゃ!
短パンを履いていたのだが、短パンより大きな下着を履いているのか、どうしても短パンから下着がはみ出てしまい困ったな。
お母さんも放置プレイだしメイクさんもいない、しょうがないので自分がはみ出したパンツを短パンの中にねじ込んであげながら撮影した。
文字で書くと、彼女の股間に指を突っ込んでいたという隠微な表現にもなるが、実際はそんな羨ましがられる話では決して無い。

やっと傷心から立ち直ったのか、最近仕事復帰した真央ちゃん。
自分の撮影時には中学生。
既に昼帯のドラマで主役をはっていた。
取材にはハタチくらいの役者志望の付き人のニイチャンと、お母さんが同席したのだが、お母さんが何か雰囲気違うなーと感じていたら、後から知ったら創○学会だったのね。
ま、自分は信教の自由は認めるので、どうでもいいが。
着替える場所が無く、自分の愛車の中に暗幕をはって着替えてもらったな。

最近、顔が変わった、整形か?とか書かれていたタベちゃん。
ありゃ、カラコンか化粧の仕方だと思うが。
宮崎あおいのオファーを断られ、この子はどうでしょ?とマネさんに推薦されて連れてこられた。
当時、セーラームーンのミュージカルくらいしか活躍してなかったような。
ほぼ、すっぴんで来たのだが、切れ長の目で今まで撮影した事のないタイプのルックスだったのは覚えている。
話すと、ごく普通の子だった。

俳優の中尾くんの嫁、最近は脇役で光っている仲さん。
たぶん彼女の初グラビア撮影。
セントラル子供劇団からアミューズへ移ったSさんっていうマネさんにお願いしての取材だった。
アミューズから誰か選ぶ段になって、自分が推した記憶がある。
取材は築地の勝鬨橋あたりで、ケツカッチンで次の取材まで3時間あまり。
3時間でメイク、撮影、食事込みのインタビュー、読者プレゼントのサイン書きを済ませてください、出来ますか?と問われ、全て自分に進行を任されば可能だと返答し、実際、ピッタリに終わらせ、Sさんに褒められた。
編集長に仕切らせると、インタビュー1時間半くらいしちゃうからな。
あ、初のグラビア撮影で、このグラビアでこの子の将来が決まるんですからね!ってSさんに恫喝にも似た激励を受けたことも記しておこう。

ごく普通の目立たない子役だったのに、女王の教室の廊下でのお漏らしシーン一発で大ブレイクした志田ちゃん。
あのお漏らしシーンを話に入れたスタッフがいなかったら、今は無いな、たぶん。
自分の撮影はブレイク直前くらいで、向こうの事務所からの推薦だった。
いわゆる実力はあるが華の無い子役で、ドラマや映画の出演は多いが、オタク層からの認知度は皆無に等しかったかと。
取材も殺伐としていた。
映画のため、長かった髪をバッサリとおかっぱ頭にされ、超ブルーなところで撮影仕事を入れられ、たぶんブーたれていたんじゃないかな?
芝居なら笑えますが、写真では笑えませんと事前に宣言され、頭に来たので撮影そっちのけで彼女を笑わすために公園で二人で遊びまくった。
そのうち、だんだんとはにかんだような笑顔を見せ始めたので、そこで撮影。
たぶん、過去で一番苦労した撮影だった気がする。

なんか長くなってきたので最後に。

海外留学中の大島さん。
森三中ではない。
既に水着の写真集やDVDなどを出していて、将来はグラビア系に行くかと思ったら、あにはからんやAKBに入ったね。
自分はその前の劇団在籍時のグラビア撮影だった。
場所は国際展示場の横の公園。
当然、水着ではなく着衣なのだが、ニットの上からでも分かる巨乳ぶりに、いつもペタンコちゃんばかりの撮影に付き合わされてたカメアシくんが興奮していた。
話していてもとても頭のいい子で、確かバスケ部のマネージャーをやっているとか言っていたな。
バスケ部員がうらやましい。
当時は八重歯が目立っていたけど、取ったのかな?今もそのまま?
女優をやるにはアレが問題だろうなとは思った。

以上。
長くなったので後書きはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です