デジカメで写真を撮影するほとんどの方が、JPGと拡張子が付くファイル形式を利用していますよね。
これって画像の圧縮方式なんですよね。

画像は元よりモニタ上で表示させるためのものなので、ファイルサイズを圧縮させてほうが表示が速くなる。
通常はサイズを圧縮すれば画質は低下するわけですが、JPG方式は画質の低下が比較的少ないんですね。
なので、昔から画像を扱うファイルはJPGが多いわけです。

でもJPGにも弱点がありまして。
保存を繰り返すと著しく画質が劣化するんですよね。

普通の人は、デジカメで撮った画像そのままだと思うんですが、紙媒体へ転用する場合はレタッチやリサイズなど画像処理を施します。
その度に保存を繰り返していくと、みるみる画質が劣化していってフォトショのトーンカーブなどで見ると見事な歯抜け状態、というか櫛みたいになっています。

そのため、印刷媒体へ回す場合の撮影画像のやり取りは、TIFFが多いですかね。
ベクター画像系はEPSですね。
TIFFでも劣化はするんですが、JPGほど酷くはないって感じでしょうか。

自分も、撮影時にRAWで撮影して、顧客であるモデルさん達にお渡しする際にはJPGで、冊子製作用には別にTIFFで現像処理のしなおしをしています。

まあ何が言いたいのかというと、JPGは撮ってだしが基本で、後で画像処理を何度も繰り返すと画質が劣化するので気をつけましょうというお話でした。

え!知ってた?

アッチョンブリケ!

えーと、この子誰だっけ?
一度だけの撮影だから忘れた(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。