新しいデジタル一眼レフカメラを購入致しました。
これを書いているのは昼休みの事務所なので、まだ手にしてはいませんが、家には今日届くはず。

余談ですが、英語圏でカメラマンというと動画映像を撮る人の意味らしいですね。
スチルカメラのほうはフォトグラファーと言うそうです。

その話を聞いてから、自分はカメラマンを名乗らなくなりました。
自分、動画は全くやらないもので。

このカメラを買うために、久しぶりにカカクコムのサイトを毎日注視していたのですが、サイト内の掲示板が面白いね。
色々書いてあるんだけど、ほんまかいな?ってことが多くて。

連写性能やAFの制度に関してはともかく、画質が綺麗だとか色みがどうのこうのとかに関しては一言言いたい。
本当に分かるのか?と。

前にも書いたかもしれないけど、高解像度になるってことは商業印刷にデータをまわす際にどれだけ大伸ばしに出来るかって話で、液晶モニタで見たり、家庭のプリンタで印刷する程度だったら、今、世にまわっている中級機以下でも十二分にその性能はあると思うんです。
それ以上の解像度は普通の人にはほぼ、無用の長物でございます。
その高解像度を生かす環境に無いんだから。

色み、色調に関しても、RAWで撮影して現像処理時にRGBのトーンカーブをほんのちょっと動かしただけで激変するので、これも大した意味はございません。

関係がある人は、プリセットされた設定を使用してJPGでの撮影しかしないって人くらいだと思うんだけど、そもそもそういう人は中級機以上を使用しないような。

と、ちょっとだけ毒を吐いてみました。

さあ、日曜日は新しいカメラで撮影だ。
でも撮影モデルさんは自分の撮影によく来て頂いている子で、ご新規さんはいません(汗

先日久しぶりにイベントに行って、その後撮影画像をばら撒いて人見知りの自分が恥を忍んで勧誘したんだけど、なかなか難しいね。
自分、昔から営業はダメなんだよなあ。

今後、もっと頑張ろう。

ではバラサバラサ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。