黒電話くんが、なんで君は直接言ってこないの?と発言したそうで。

もう、今まで政府が拉致に関して、水面下ですら全く交渉していなかった事を、相手からばらされてしもうた。

まあ、そりゃそうだわな。
米や韓、露と他の国に告げ口しても、自分が直接言われてなきゃ、今までのような対応だったのも無理は無い。

そもそも、黒電話くんがミサイルを発射するたびに、厳重に抗議すると語っていた我が政府だが、実質FAXを送っただけだったらしいね。
そりゃ舐められるし、こうして事が進展した際にはハブられますわ。

我が首相、あ、総理?は今、我が身に降りかかる火の粉を祓う事で手一杯のようですからね。
北と密接なパイプがあったらしい野中さんも死んじゃったしね。

それ自体は人道にも劣る所業なのだが、どうなる?拉致問題。
いや、本当に残りの被害者達が生きているのかどうかもまだ不明なんだもんね。

北は一貫して、残りは全員亡くなっていると主張しているんですよね。

もし、言う通りに全員亡くなっていて、政府がそれを認識していたとしたら。。。
おー、こわ。

カテゴリー : Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です